シチリア王国(シチリアおうこく、羅: Regnum Siciliae, インテル ユニフォーム 伊: Regno di Sicilia)は、中世から近世にかけて、シチリア島やイタリア半島南部を支配した王国である。妻コスタンツァがオートヴィル家のルッジェーロ2世の娘であったため、シチリア王位はホーエンシュタウフェン家のローマ皇帝ハインリヒ6世の手に渡ったが、1197年にハインリヒ6世は死去した。 1189年、シチリア王グリエルモ2世が後継者なく死去し、ローマ皇帝ハインリヒ6世妃である伯母コスタンツァと、伯父の庶子であるレッチェ伯タンクレーディが王位を争ったが、外国の支配を嫌う諸侯の支持を得てタンクレーディが王位についた。 ラヨシュ1世の長女マーリアとその夫ジギスムント(神聖ローマ皇帝カール4世の次男、後の皇帝)が王位を継承することになっていたが、その即位に対してハンガリー国内では反対派も多く、1385年にカルロ3世は反対派から迎えられ、ハンガリー王カーロイ2世として即位した。 のちカンブレに戻り、ブルゴーニュ楽派の中心になる。 1380年には大聖堂の身廊が完成し、1418年にはドーム部分を残すのみとなった。 ドミニコ会の修道僧が設計し、14世紀後半に完成したゴシック様式の聖堂である。 フェデリーコの死後、シチリア王国は息子たちが後を継いだが、フランス王ルイ9世の弟でアンジュー=シチリア家の祖となるアンジュー伯シャルルが教皇の要請を受けて征服した。

同年にラヨシュ1世が男子の継承者を持たずに死去した。幼少のフェデリーコが王となり、コスタンツァは摂政となったが、彼女もまた翌年世を去った。 しかし1194年のタンクレーディの死後、幼少の息子グリエルモ3世が王位につくが、侵攻してきたハインリヒ6世にパレルモを制圧され、オートヴィル朝は終焉を迎えた。 1130年、ルッジェーロ1世の息子でありルッジェーロ2世は対立教皇地位であるアナクレトゥス2世から王位を得て、オートヴィル朝(俗に言うノルマン朝)シチリア王国が成立した。 シャルルはカルロ1世としてシチリア王位に就いたが、シチリアの民衆には不評で、1282年にシチリアの晩祷事件が発生し、シャルルはシチリア島を脱出した。 その後のシチリア晩祷戦争を経て、シチリア島はバルセロナ家のアラゴン王ペドロ3世が獲得し、シチリア王国はシチリア島の領土と半島側のナポリ王国とに分裂した。 カルロ3世(Carlo III, 1345年 – 1386年2月24日)は、アンジュー家出身のナポリ王(在位:1382年 – 1386年)およびハンガリー王(カーロイ2世、II. Károly, as ローマ ユニフォーム 在位:1385年 – 1386年)。中山王武寧を倒した尚巴志が父の尚思紹を王位に就ける(第一尚氏王統の成立)。 ベアトリーチェ(1295年 – 1321年) – 1305年4月にフェラーラ侯アッツォ8世・

1929年4月には第1回モナコグランプリにSSKで参戦し、レース序盤にウィリアム・ 1814年、戦場はフランス国内に移った。 しかし、準決勝ではユヴェントスFCに合計スコア2-3で敗戦。 2022-2023シーズンは、開幕前にUEFAスーパーカップを獲得するも、リーグ戦では攻撃の要であるベンゼマの負傷離脱が響き、バルセロナに次ぐ2位に終わり、UEFAチャンピオンズリーグでも準決勝でマンチェスター・ などの活躍もあった一方、負傷欠場も少なくなく、期待されたロナウドとのプレーもほとんどなかった。一方、ヴァロワ=アンジュー家はその後もナポリ王位を要求したが、シャルル5世・

11世紀半ば、フランスのノルマンディー地方から兄弟と共にイタリアにやってきたノルマン人の騎士ロベルト・ しかし20世紀も後半に入ると自動車産業を初めとする製造業は衰退し、代わりに生物工学・宗教改革により打撃を受けたローマ教会も、トリエント公会議により体制を立て直し、新大陸からもたらされる莫大な富を背景に、16世紀から17世紀にかけてバロック美術の時代に入る。 フェデリーコはイタリア半島の支配に乗り出したため、ローマ教皇と激しく対立し、何度も破門を受け、対立王を立てられた。明の宣徳帝の叔父漢王朱高煦が反乱を起こすが鎮圧される。 “新型コロナ感染のマルディーニ、症状回復も”苦しみ”明かす 「もう一度やり直すのは難しい」”.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *