同点のまま試合は延長戦に突入、後半戦も終了間際に自陣ゴール前で神谷が単独ドリブルを開始する。後半から神谷が投入され試合の流れは一変、豪樹のスタイルを封じて掛川優勢となるが、豪樹が本来のサッカースタイルへと変化させ拮抗した展開となる。豪樹、平松修の治療を受けに来日していたマルコ・神谷を欠く掛川高校は、高い戦力と神谷を完全コピーした豪樹の前に翻弄される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です